世界貿易センター爆破事件

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
世界貿易センター爆破事件
世界貿易センタービルの地下駐車場
世界貿易センタービルの地下駐車場
[[File:|0250px|]]
場所22x20pxニューヨーク
座標
日付1993年2月26日
( – )
標的世界貿易センタービル
攻撃手段車の爆破。
シアン化ナトリウムの放出未遂。
兵器
武器
死亡者6人
負傷者1042人
行方不明者
他の被害者
損害
犯人
攻撃者
容疑者
動機
関与者数
関与者
攻撃人数
防御者
対処
テンプレートを表示
  • 世界貿易センター爆破事件(せかいぼうえきセンター ばくはじけん)。

平成五年(1993年2月26日ニューヨーク世界貿易センタービル(WTC)の地下駐車場で爆弾が爆発した事件である。

実行犯はイスラム原理主義過激派であるが、その背後で国際反米テロ組織アルカイダウサマビン・ラディンが関与したとされている。

事件の背景[編集]

1991年湾岸戦争において、クウェートに侵攻したイラク軍をアメリカを中心とする多国籍軍が撤退させた。アメリカ軍はその後も中東に展開しつづけ、「中東の憲兵」のようなその振る舞いは、反米勢力、特にイスラム原理主義の過激派を刺激するものであった。この対立の構図は解消されることなく、2001年にはアメリカ同時多発テロ事件が起きている。

爆破の準備[編集]

1992年、ラムジー・ヨーセフはイラク国籍の偽造パスポートでアメリカに入国した。警察は、ヨーセフと一緒に来たアブ・バッラの手荷物の中に爆弾を作る手引き書を発見した。その小冊子の中にも書かれていたアブ・バッラという名前は、モハメッド・ジャマル・カリファの偽名であった。アブ・バッラは偽造パスポートの使用と爆弾製造マニュアルをもっていたこともあり、その場で逮捕された。ヨーセフは、移民帰化局(INS、2003年3月1日付けで廃止)の収容施設がその当時満員だったため、1ヶ月後に再び出頭するように命じられた。

ヨーセフはニュージャージー州に住居をもち、ニューヨークやニュージャージーを旅していた。その後、刑務所の電話を使って、イスラム原理主義派の伝道師シェイク・オマル・アブデル・ラフマンと会話している。ヨーセフはアブ・バッラから爆弾のマニュアルを再び入手した。彼は共犯者の手を借り、化学物質を混合して爆弾を作り始めた。その後、交通事故に遭い入院していたが、警察に押収されていた車からマニュアルを取り戻している。

エル・サイード・ノサイルは、シェイク・ラフマンの一味であり、のちに爆破事件に関係したとして有罪を宣告されたが、1991年に起きたアメリカ系ユダヤ人のカハネ思想のラビメイアー・カハネの殺害に関わったとして逮捕された。同じく爆破事件で有罪を宣告されたモハムッド・アブハリマは、ワディーフ・エル・ハッジにカハネ師の狙撃に使われたライフル銃を調達するように指示した。ノサイルは殺人については無罪になったが、銃を用意したとして有罪になった。彼の住んでいたアパートにはテロ計画に関係する爆弾作製のマニュアルや文書が多く見つかったが、その時はアラビア語から英語に翻訳されることはなかった。

ヨーセフは、盗むか借りたかはわからないが、爆破に使う車としてバンを入手した。バンには8 m³の空間があり、1000 kgの爆発物を積むことができたが、ヨーセフには資金がなくそれほどの爆弾は製造されなかった。もし、もっと多くの資金があったなら、更に多くの爆弾が製造されトラックに積まれていた可能性がある。

爆弾の製造[編集]

ヨーセフは、尿素の丸薬、ニトログリセリン、硫酸、アジ化アルミニウム、アジ化マグネシウム、密閉された水素を使って600 kgの混合爆弾を作った。さらにシアン化(青酸)ナトリウムを加えて、爆発時にその蒸気が換気ダクトやエレベーターを通じて広がることを意図した。その費用は300ドルほどであった。爆薬にはすべて被覆された6 mの導火線がつけられた。導火線に火をつけてから爆発まで12分の猶予があると計算されていた。

爆発による影響を大きくする為に、爆発の煙がビルからの脱出を妨げ、中の人々に毒ガスを吸わせる事だけでなく、さらに爆発によってタワーIがタワーIIに倒れこんで崩壊させることも企図していた。

ビルの爆破[編集]

1993年2月26日、爆弾を積んだ車はイスラム教徒のテロリストによってタワーIの地下駐車場2階に置かれた。導火線は点火され、1秒に1cmの割合で進んだ。午後12時17分、爆弾は地下駐車場で爆発した。コンクリートの壁を突き破って4階層に渡り幅30mの穴が開いた。おそらく1GPa以上の圧力が生じ、爆発速度は、4.5 km/秒にもなった。ヨーセフが仕込んだシアン化(青酸)ガスは、爆発の中で燃え尽きてしまったが、爆発により6人が殺害され、少なくとも1,040人が負傷した。

タワーの強度が爆弾の破壊力を上回っていた為に、タワーの倒壊は起きなかった。爆発により、貿易センターの電気系統や電話回線もすべて寸断された。その煙は両方のタワーの93階にまで上昇して、4つある吹き抜け階段に充満し、緊急時に点灯した照明を覆った。ヨーセフは数時間後にパキスタンに向けて逃亡した。

死傷者の数は比較的少なかったが、この事件はアメリカ合衆国に大きな衝撃を与えた。

FBIが捜査を開始したが、ヨーセフの友人は調査を遅らせるために「バンは盗まれたものだ」とFBIに伝えた。

事件後[編集]

6人の犠牲者を悼む御影石の記念碑が、二つのタワーの中間、ちょうど爆発のあった真上に立てられた。しかし、この追悼碑は、2001年9月11日、テロ攻撃を受けた世界貿易センタービルの崩壊により無くなってしまった。

1993年3月4日、事件に関与した容疑者の一人、モハメッド・サラメフの逮捕を当局は発表した。正確にその一年後、4人のテロリストが有罪の判決を受けた。

当局はヨーセフの住んでいたアパートから、爆弾の材料やモハメッド・ジャマル・カリファ名義のキャッシュカードを発見した。カリファは1994年12月24日の犯罪に関係したとして逮捕され、1995年5月5日当局によってヨルダンに国外追放された。カリファはヨルダンの裁判で無罪とされ、現在はサウジアラビアで生活している。

1995年、シェイク・ラフマンと他9名はニューヨークの複数箇所を爆破する計画をしたとして有罪判決を受けた。1998年、計画の首謀者とされたラムジー・ヨーセフは爆破を扇動し、主謀したとして有罪判決を受けた。イアッド・イスマイルの裁判は、ヨーセフの裁判と平行して行われた。

1997年1998年の事件に関与したとして、6人のイスラム教過激派に最大240年の禁固刑が言い渡された。

裁判の過程で、FBIはこの爆破計画に関与していたエジプト人のエマド・サレムという情報提供者がいたことが明らかにした。サレムは、自分をこの計画の発案者だとして、早くても1992年2月6日には、この計画をFBIに知らせたと主張した。彼により、FBIは数百人いる容疑者の中から犯人を迅速に割り出すことができたとされている。サレムは最初の計画は無害な粉を爆弾に見せかけるものであったと主張した。

彼は自分の主張を実証する何百時間ものFBIの担当官との会話を秘密裏に記録され、それは後に問題となった。サレムは、爆破は事前に予見できたにもかかわらず、FBIはそれを防ぐことに失敗したのだと言いたかったが、FBIによってそれは思い止めさせられたと言っている。FBIはサレムの説明を明確には否定していない。

他にもう一人、関与者として挙げられているのが、ニダル・アイヤードである。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・世界貿易センター爆破事件を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。